アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

postheadericon 治療方法

女性

治療方法は主に、手術療法と薬物療法があります。
どちらの治療になるかは、産婦人科医の判断となります。
手術療法は一般的に、症状が進行していて卵管や卵巣、腸管などに癒着が見られる場合に行われます。
手術方法は、開腹手術または腹腔鏡手術です。
手術は必要ないと判断された場合は、薬物療法となります。
上で述べたように子宮内膜症は、妊娠して月経が停止することにより症状の改善がみられます。
よって低用量ピルを服用することにより、体を妊娠した時の状態にさせることで症状の改善が期待できます。

漢方での治療
以上は西洋医学的な産婦人科の見解となりますが、最近では東洋医学の治療方法も注目を集めてきています。
東洋医学では、子宮内膜症の原因は体全体の血のめぐりが悪くなっていることとしています。
よって治療は、根本的な体質改善を目的とした漢方薬の処方となります。
具体的な漢方薬としては、芍薬甘草湯や桂枝茯苓丸などが一般的に使用されます。
産婦人科によっては、ホルモン治療か漢方による治療かを選択できるところもあります。

postheadericon 漢方を使用した治療

子宮

漢方を使用した治療では、体質そのものを改善することによって子宮内膜症の根本原因を取り除くことが可能となります。
そのため、ピルを用いたホルモン療法では再発を繰り返していたという人でも根治させることができるのです。
治療にあたってはそれぞれの体質に合わせた漢方が必要になるので、豊富な知識を持つ漢方の専門医に個別に処方してもらうことが大事です。
漢方の効果の出方は非常に緩やかなので、長期的に服用を続ける必要があります。

子宮内膜症とは
子宮内膜症とは、子宮内膜や子宮内膜に似た組織が子宮以外で増殖する病気のことをいいます。
子宮内膜とは、受精卵を着床させるための、いわば子宮のベッドです。
排卵期に合わせて子宮内膜は厚みを増し、着床がなければ剥離し、月経となって体外に排出されます。
子宮内膜症は、これが子宮外で増殖し、月経時には同様に剥離と出血を引き起こします。
症状としては、ひどい月経痛、月経過多、吐き気、性交痛などです。
月経が来るたびに症状は進行しますが、妊娠をきっかけに月経が停止することで改善されることもしばしばあります。
産婦人科によっては、治療のために早く妊娠することを勧める医師もいるようです。

postheadericon 原因

医師

子宮内膜症とは、子宮の内膣以外の部分に子宮内膜が作られることを言います。
子宮内膜を含む月経血が卵管を通って腹腔内に逆流すると、子宮外の部分で子宮内膜と同様の組織が形成されてしまうこととなります。
子宮内膜には月経血を出す働きがあるため、その部分で血液が溜まり始めます。
すると、排出されないままの血液が原因となって腫瘍ができてしまい、骨盤の辺りに激しい痛みを感じるようになるのです。
これは、排便時や性交時に特に強く現れます。

産婦人科での治療
子宮内膜症の治療は産婦人科で行われます。
治療には、大きく分けて手術と薬物療法の二種類があります。
手術では、腫瘍と周辺組織が取り除かれることになります。
症状がひどい場合には、子宮と卵巣が全摘出されます。
薬物療法では、ピルなどを使用して月経を調節して症状を軽くするホルモン治療が行われます。
その他、漢方を使用する治療法もあります。
漢方による治療は、副作用のある化学的な薬や手術は控えたいという人に用いられています。